後ろ向き太郎の後ろ向き日記

ほしいものリスト作ってみました。https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1YO6Z5POOS44Y

Carton 6×15 ミクロン型双眼鏡を光軸調整する

前回の続きです。

ミクロン型双眼鏡を自分で分解清掃する

なんとかレンズ、プリズムを清掃できたのはいいのですが、当然光軸がグダグダになってしまいました。

f:id:ushirotaro:20180206000513p:plain

こんな感じで左右の像がまったくでたらめな方向を向いています。

これはひどい。素人ですがここまでひどくなるとは思っていませんでした。

どうやら、双眼鏡の光軸調整はプリズムを動かすことによって調整するらしい。

f:id:ushirotaro:20180206000708j:plain

こんな感じでプリズムが固定されていたので、上下それぞれのイモネジを緩めたりしめたりすればプリズムが動くはずです。

f:id:ushirotaro:20180206000639j:plain

ここのイモネジはVesselのマイナス1.2mmでいけました。

ここでこう調整すると光軸がこう変わるよ…と案内できれば最高なんですが…

さっぱりわからなかったため適当にゆるめたりしめたりずらしたりしまくりました。

4つのプリズムをあっちへこっちへずらしまくりました。

そうするとあら不思議、光軸自体はなんとか私の目だと同じ位置に見えるようになってきました!!

左右の目が同じところを見ています!!

ただし、ピンとがガタガタになりました!

f:id:ushirotaro:20180206002001j:plain

左右の目がだいたい同じところを見ているのですが、ピントが違いすぎます。

これはプリズムの上下左右では調整できないような…

そこで、接眼部分のイモネジを緩めてみたところ、接眼ユニット部が移動できるようになりました。

無限遠に合わせた場所で、接眼側で調整して固定。

接眼側のイモネジを外したところ、接眼側ユニットが自由に動かせるようになりました。これでピントが左右別々に合わせられます。

接眼リングの次のリングが外れた状態

f:id:ushirotaro:20180206003238j:plain

下部のイモネジを緩めると接眼ユニットがフリーになってくるくる回るようになりました

f:id:ushirotaro:20180206003741j:plain

この状態で接眼筒のイモネジを緩めて、黒い接眼部をくるくる回すとピントが近くなったり遠くなったりしました。

よくわからないので無限遠が出てさえいればOK!!適当に締めました!!

これを両目やったら!!大体光軸あってて大体左右見える双眼鏡になりました!!!