後ろ向き太郎の後ろ向き日記

妻もブログはじめました。https://breedingmom.hatenablog.com

風で折れたアルミフェンスの支柱を補修、3Dプリンタで補強

以前からアルミフェンスフェンスの支柱が折れていたので直さないといけないなとは思ってたんですよね。

ものはこちらで、3000円程度なのですが2本折れているので6000円かあ…うーん…

基礎はブロックですが余り穴をしっかり埋めてしまっているので穴を開けるのもめんどうだったんですよね。

なので横着をして折れた部分を補修してしまうことにしました。

まずこちらの1本。

f:id:ushirotaro:20190512120110j:plain

首の皮一枚でつながっていますがグラグラです。

写真の状態ですでにM6のボルト用の穴が開いていますが、穴あけをしてアングルで補強します。

f:id:ushirotaro:20190512120302j:plain

f:id:ushirotaro:20190512120306j:plain

もとどおりの強度とはいきませんがなんとか保ってくれるでしょう。

次の1本は根本から折れてしまっているのでアングルが付けられません。

f:id:ushirotaro:20190512120512j:plain

支柱のなかになにかを入れて接着したかったのですが、適当ななにかがありません。

プラスチック製なので強度に不安はありますが3Dプリンタで支柱の断面と同じ形のものをプリントしてみることにしました。

簡単な形ですがこんな感じに。

f:id:ushirotaro:20190512120835p:plain

プリントしてみるとこんな感じです。

f:id:ushirotaro:20190512120916j:plain

これにエポキシ接着剤をたっぷり塗って支柱に差し込みます。

f:id:ushirotaro:20190512121018j:plain

セメダイン 60分硬化型エポキシ系接着剤 スーパー 110gセット CA-149
 

もう一方も差し込んでゴムハンマーで押し込みます。

f:id:ushirotaro:20190512121152j:plain

上からゴムハンマーで押し込んでみると思った以上にしっかりしているので、こちらの3Dプリンタで作ったパーツで接着しただけでもいけるかもしれません。

f:id:ushirotaro:20190512140726j:plain

 念の為アンカーを打ってアルミアングルで補強します。

f:id:ushirotaro:20190512140845j:plain

f:id:ushirotaro:20190512140853j:plain

f:id:ushirotaro:20190512140902j:plain

3Dプリンタで作った部品とアングルの強度でかなりしっかり補強できました。

支柱2本はこれでいけそうですね。

HiKOKI(旧日立工機) 振動ドリル FDV18V

HiKOKI(旧日立工機) 振動ドリル FDV18V