後ろ向き太郎の後ろ向き日記

ほしいものリスト作ってみました。https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1YO6Z5POOS44Y

Shure SE215の偽物と正規品本物を両方買って比較してみた

※長いので短くまとめると、手に取れるならイヤホン本体にシリアルの刻印があるか確認しろ!手に取れない(ネット)なら販売店シール、領収書、納品書を確認しろ!です。

 

Shure SE215は良いイヤホンですが、残念ながら偽物が多く出回っています。

ネットで調べた範囲では、さほど高くないイヤホンなので偽物はないのでは、などという意見もみられますが、実際には偽物だらけです。

今回は実際に偽物を入手してみて、国内正規品と比較し、本物と偽物の判別方法を紹介します。

偽物はAliexpressから2500円で購入しました。

本物は国内正規品を新品購入しています。

まずは外箱を比較してみます。

f:id:ushirotaro:20200104220508j:plain

箱のデザインが大きく異なりますが、おそらく偽物は古いバージョンの箱をモデルにコピーしているのだと思います。中古品で本物を探した場合、偽物と同じデザインの箱に入った本物もあるかと思います。新品で購入したのに右のデザインの箱が届いた場合、偽物の可能性が高いと思います。

外箱のシリアル番号です。

シールの品質など、大きな差は見受けられませんが、おそらく偽物のシリアルはすべて同じだと思いますので、このシリアル番号のSE215があればそれは偽物です。

f:id:ushirotaro:20200104220650j:plain

また、国内正規品は国内代理店のステッカーが貼ってありました。偽物と見分けるポイントのひとつだと思います。

f:id:ushirotaro:20200104220917j:plain

また、外箱の細かな作りに差がありました。

正規品はしっかりときれいに外箱を組み立ててありますが、偽物は外箱の貼り合わせに雑な部分がありました。

f:id:ushirotaro:20200104221033j:plain

さて、開封してみてまずは付属品を比較してみます。

付属品をざっと見た限りではかんたんに見分けはつきません。フリマサイトやオークションサイトの画像での判別は難しいでしょう。

 

f:id:ushirotaro:20200104221051j:plain

イヤーチップを取り出して比較してみます。

本物のほうが低反発フォームの軸が六角形だったり、ソフトチップの作りがしっかりしています。偽物のほうは少しふにゃふにゃしていて頼りなく感じますが、両方手にとって比較してみないとなかなかわからないでしょう。

f:id:ushirotaro:20200104221149j:plain

さて、中華コピーでは見分けやすいポイントの代表例の説明書をチェックしてみます。

本物のほうが印刷が薄く感じますが、くっきりしていますね。

f:id:ushirotaro:20200104222721j:plain

説明書の内容やフォントは偽物のほうも完璧にコピーしているようですね。

やはり本物のほうが文字がシャープでくっきりしているあたりが判別のポイントだと思います。

f:id:ushirotaro:20200104222809j:plain

偽物のほうのフォントが一部あやしいかと思っていたのですが、本物も同じでした。

f:id:ushirotaro:20200104222921j:plain

保証書もきちんと付属し、こちらも偽物のほうが文字が濃いくらいでどちらが偽物かあらかじめ聞いていないと判別は難しいと思います。

f:id:ushirotaro:20200104222952j:plain

その他付属品も偽物の方も欠品なく付属していたのですが、こちらのユーザー登録カードは本物にしか入っていませんでした。

f:id:ushirotaro:20200104223115j:plain

さて、イヤホン本体を比較していきます。

まず、一番大事なことは本物はイヤホン1つごとにシリアルが刻印してあります。

イヤーピースを取り外したすぐ下あたりにあります。

f:id:ushirotaro:20200104232341j:plain

偽物にはシリアル番号はありません。

f:id:ushirotaro:20200104232453j:plain

写真ではわかりづらいのですが、ドライバ周囲の枠のような部分が本物は透明ですが、偽物はすりガラスのように半透明になっています。

f:id:ushirotaro:20200104232011p:plain

画像がピンぼけで申し訳ないのですが、やはり偽物は接着部分がくすんでいます。

接着剤などがはみ出しているのでしょうか?

f:id:ushirotaro:20200104232719j:plain

偽物はドライバーを固定する接着剤もはみ出しています。

f:id:ushirotaro:20200104233043j:plain

こちらの写真はわかりやすいです。偽物は全体的にハウジングの接着が汚いですね。

f:id:ushirotaro:20200104233221j:plain

以上のような感じで見比べてみると本物と偽物は結構違いますね。

ちなみにケーブルは若干色合いが違うものの、ほぼほぼ見分けがつかないものでした。

最も異なったのはプラグ部分です。

f:id:ushirotaro:20200104233434p:plain

外観を比較してみましたが、せっかく正規品があるので音質も比較してみました。

さすが正規品本物のSE215は遮音性も高く、全域に渡ってクリアな解像感を楽しめました。

次に偽物を試聴してみましたが、やはり悪くないんですよね。先に正規品を聴いてから聴くと、解像感はそのままに、低音をわずかに増した感じです。

かといってドンシャリなわけではなく、聞き疲れする低音でもないんです。

微妙に味付けが違うのは確かなのですが、例えばブライドテストして同じメーカーの別製品だよと言われれば納得してしまうレベルだと感じました。

音質で判断するのは本物を持っている場合のみしか難しいと思います。

さて、少し脱線してしまいましたが、Shure SE215の偽物と本物を見分けるには、手にとってよく見ないと難しいと思います。

本体だけ(箱、説明書なし)ではよほど大きい写真でないと写真だけでは判別できません。

現在、メルカリ、ラクマ、PayPayフリマ等で偽物がたくさん売られているのを確認しています。

新品なのに外箱がなかったり、「もらいものでよくわからない」、現状で良いかたのみ購入してくださいなどの逃げ文句が書いてある商品はほぼ偽物だと思って間違いありません。

 

フリマサイトやオークションで購入する際の見分け方としては商品外箱に正規代理店のシールがあるか保証書に国内正規店の購入印があるか国内正規店の領収書があるかなどで判断することをおすすめします。

それでも箱や領収書は本物を使用し、商品は偽物を売っている場合も考えられるため、安心のためには国内正規店で新品を購入するのがいいかと思います。

SHURE イヤホン SE215 Special Edition/カナル型 高遮音性/トランススルーセントブルー  【国内正規品】 SE215SPE-A

SHURE イヤホン SE215 Special Edition/カナル型 高遮音性/トランススルーセントブルー 【国内正規品】 SE215SPE-A

  • 出版社/メーカー: Shure Incorporated
  • 発売日: 2012/11/28
  • メディア: エレクトロニクス