後ろ向き太郎の後ろ向き日記

ほしいものリスト作ってみました。https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1YO6Z5POOS44Y

私が前澤友作から学んだこと

私は前澤友作さんについて、あまり詳しく知ってはいません。

元ZOZO TOWN社長であること、資産を潤沢に持っていると自称していることくらいです。

私がかかわった事件は2件だけですが、それだけで前澤さんがどういう方なのかすっかり身にしみてよくわかってしまいました。

まずはZOZO SUITの件です。

2017年末、ウェアラブルで伸縮可能なセンサーを搭載した超ハイテクスーツを無料配布し、高精度の採寸を可能にし、自社ブランドの衣服を気軽にオーダーメイドできるようにする、というセンセーショナルなニュースが発表されました。

これによりZOZO TOWNを運営するスタートトゥデイは株価を大幅に上げ、消費者は夢のハイテク採寸スーツが無料配布されるのを心待ちにしました。

私はこのスーツを見たときから、

(そんなひみつ道具みたいな未来アイテム、本当に存在するのか?あっても無料配布なんてできるわけがない)

と思っていました。妻ともこのニュースを見ていましたが、妻も同感でした。

違和感が極めて強いのが、どのニュースでも展示会でも本物の完成品のZOZO SUITが公開されないんです。あくまでイメージ映像とイメージ商品だけ。

とはいえタダならなんでももらっておく私の性格ですので、妻と一緒にZOZO SUITを申し込みました。

そのころ、ZOZO TOWNはYoutuberとコラボし、試作品のZOZO SUITをYoutuberに配布し試してもらう、という体の企画をいくつかやっていました。

私も動画を見ましたが、どう見ても試作品のZOZO SUITすら存在していませんでした。ただの全身タイツを着て、あらかじめ測定しておいたデータを画面に表示しているだけで、採寸しているフリをしているだけの動画でした

当然のごとく、本来の発送予定をすぎてもいつまでたっても予想以上の注文があった、生産が追いつかないとの言い訳で消費者の手元には届きません。

予想以上の注文があって生産が追いつかないなら予想していた注文数のZOZO SUITは消費者の手元に届くのが当然ではありませんか??

上記ニュース記事にも「圧倒的な速度で世界中に無料で配りまくり、体重計や体温計のように一家に一台の存在にします」と氏のコメントがあります。配りまくるってのは1枚も配らないことを言うんですか??

結局、本当のZOZO SUITは誰の手にも届くことがなく、もともと存在していなかったものと思われます。

我々の手元に届いたのはセンサー搭載のハイテク採寸スーツではなく、水玉模様がたくさんついたふつうのタイツ。

f:id:ushirotaro:20200120091407j:plain

なんだこりゃ…変態かよ!!!!

実際にこちらのスーツで計測してみましたが、妻も私もミズタマンに変身しただけでエラーだらけで測定できませんでした。

(ああ、企業って株価操作のために嘘の発表とかしてもいいんだ…)

そんな事私はぜんぜん知りませんでした。嘘で株価操作なんてしたら批判を浴びたり、なんらかの制裁を受けるものと思っていました。また、大人って平気で嘘をつくんですね…

氏に協力して、存在しない本物のハイテクZOZO SUITで計測できてるフリをして動画を公開していた人たち、心が少年のままの私からしてみるとすごく悪い人たちの集まりに見えます。

そして前澤さんについてはすごい嘘つき、それも雑な嘘つきという印象を持っていました。

そして昨年末、嘘つきの前澤さんがお年玉を配るとのニュースを目にしました。

以前にも配っていた(と自称している)んですね。知らなかったので今年は私も応募してみることにしました。

そして今年はじめ、1/10に当選発表ページを制作していますとの告知。

前々から企画しているんですから、前々から発表ページを作っておけばいいですよね?引き伸ばすのはなぜ??

f:id:ushirotaro:20200120092257p:plain

さらに1/14になってももう数日。これは引き伸ばしなのが確実になってきました。

f:id:ushirotaro:20200120092458p:plain

f:id:ushirotaro:20200120092234p:plain

そして待ちに待って発表ページがやっと完成したとのことですが、アクセスしてみるとこれがひどい。

404 Not Found、500 Internal Server Error、502 Bad Gatewayを交互に吐き出し、ろくに閲覧できない。

当選確認するためにアクセスが集中しただけなら、503 Service Unavailableが主にでるはずでは?

私が思うに、現段階で当選確認サイトなんて完成していないのではありませんか?ハリボテだけのページで、エラーコードを吐き出すだけの仕様。ほんとうは当選確認なんてできないのに混んでるからエラーが出てるフリをするだけ。

f:id:ushirotaro:20200120092946p:plain

そして当選確認サイトは閉鎖されました。やっぱり当選確認サイトはできてなかったんですよね??抽選しているかと言ったら抽選してるわけないと思うんですけど。

f:id:ushirotaro:20200120093019p:plain

そもそも当選したらDMを送りますよ、と公言しているのになぜ当選確認サイトなんて開設したのかっていう点ですが、前澤さんがフォローされただけでは手に入らない個人情報を更に手に入れるためと思われます。

このお年玉当選発表サイトで当選確認するためには、このサイトをTwitterアカウントで認証する必要があります。

f:id:ushirotaro:20200120101526p:plain

前澤お年玉サイトにTwitterアカウントを認証すると、以下のようにさまざまな情報が前澤お年玉サイトから読み取られる状態となります。

f:id:ushirotaro:20200120101655p:plain

前澤お年玉に応募した人はかなりの人数でしょうから、それだけの人数のTwitter上でのアクティビティがビッグデータとして入手できるのは大きいと思います。Twitterでフォローされているだけでは詳細なアクティビティは入手できませんからね。

私としてはこれらの大量のアカウント情報を、アクセス権ごと活用できる第三者に売り渡すのではないかと思っています。前澤さんがやっているのはあくまでビジネスであり、気まぐれでも遊びでもないのは当然です。ビジネスなんですから収益を上げる部分があって当然です。

そもそも、100万円を1000人、10億円なんて意味なく配るわけがないじゃないですか。

みんなわかって乗ってるんだと思いますけど、嘘をついて期待させるだけさせといて、ハズレですよと素直に言ってくれればいいのに引き伸ばしてストレスを溜めさせてなにをやっているんですか?

嘘つきなのは承知していますが、いい大人がもっとまともな嘘をつけないんですか?

f:id:ushirotaro:20200120093447p:plain

引き伸ばしに引き伸ばして、挙げ句のはてに外れてもフォローし続けたら今後の当選確率が上がるかもしれないよ!って…10億円も全部フォロワー稼ぎのための嘘でしたって告白してるじゃないですか。素直かよ。

本当に嘘のつき方が低レベルで雑すぎて、小学校の頃クラスにいた「俺ポケモン全部コンプリートしてレベルも99まで行ったぜ!」ってやつと一緒じゃないですか。んで持ってきてみてよ!っていうと「ごめん、今日弟がポケモンやってるわ」「ごめん、今日ちょっと用事あるわ」って続いてって最終的には「ごめん、セーブ消えちゃったわ」っていうやつ。言い訳の仕方まで一緒じゃないですか。

長文になってしまいましたが、私が前澤さんから学んだことは一つです。

世の中って嘘ついてもいいんだ!!しかもバレバレの!!

私も前澤さんみたいに嘘で話を盛り上げていって、適当に話題をつくって稼ぐ生き方がしたいです。そういうサイコパスみたいな生き方が気楽にできる人が人生エンジョイできるんでしょうね。いいなあ…