後ろ向き太郎の後ろ向き日記

ほしいものリスト作ってみました。https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1YO6Z5POOS44Y

東京マルイ G17 (グロック17)ガスブローバック をCO2化する

最近BELL製のG17 CO2ガスガンをフロン化するために、部品取りに東京マルイ製のふつうの(HFC134aで動く)Glock17 ガスブロを購入しました。

部品を入れ替えていったので、つまり東京マルイのG17がCO2化できました。

ふつうはフロンのグロックをCO2化したい人のほうが多いと思いますので、こちらのやり方もエントリとしました。

CO2化は初速オーバーの危険があります。初速計を持っているか、すぐ借りられるなど初速管理ができる方のみ挑戦してください!

・CO2マガジンを用意する

 APSのマガジンはマルイのグロックと互換性があります。BELL製でもいいですがBELL製はガス漏れしやすかったり、ボンベが取り出せなくなったりすることもあるので安心のAPS製がいいでしょう。

・リコイルスプリング・ハンマースプリングを交換する

ノーマルのハンマースプリングでは、高圧のCO2マガジンのバルブは叩けないためハンマースプリングを交換する必要があります。

ハンマースプリングの交換方法はこちらを参考にしてください。

東京マルイ G17のハンマースプリングを交換する - 後ろ向き太郎の後ろ向き日記

また、CO2の強烈なブローバックに対応するため、リコイルスプリングも強力なものに交換する必要があります。

私も使用していますが、こちらの商品は強化リコイルスプリングと強化ハンマースプリングのセットはになっており、どちらもCO2化にちょうどいい強度です。リコイルスプリングガイドもネジ式でスプリングが簡単に取り外せ、スペーサーを入れる場合にもちょうどいいです。

 ・ノズル、ピストンヘッドを交換する

CO2の威力では、ノーマルのローディングノズルとピストンヘッドでは耐えられません。強化タイプのローディングノズルとピストンカップに交換しましょう。

ネットではAPSの透明なノズルが定番のようですが、私の場合少し使ったらすぐ割れてしまったのであまりいい印象がありません。粘りのある材質のほうがいいなと思っています。

さて、ここまで交換するとCO2で実射ができるようになります。軽く試射してみています。

しかし、この方法でできあがるとほぼ間違いなく初速が法定値オーバーになってしまいます。

そこで、もったいないですがデチューンを施します。

私の場合、ローディングノズルのこの部分に穴をあけてデチューンしました。

この部分に穴をあければ、ブローバックする力はそのままに、BB弾を発射する力のみを逃がすことができます。

f:id:ushirotaro:20200125222907j:plain

ローディングノズルに穴をあける際は、シリンダーを分解しシリンダーバルブ、シリンダーバルブSPを取り出してから開ける必要があります。そのまま開けるとシリンダーSPがつぶれちゃいます。

ここに1個開けても初速が法定値を超えてしまう場合は、ローディングノズルのBB弾を押す部分を挟んでとなりにもう一個あけるか、シリンダー上部にも開けるなどして初速を計りながら調整していくといいと思います。

写真のノズルは1個穴ですが、3個くらい開けたものもありますが特に強度に問題はありませんでした。

私の場合はリコイルスプリングを強力なものにしているので、スライドは樹脂でも問題ないかな?と思っていますが、心配な方はスライドとアウターバレルをメタルにしてもいいと思います。質感も動作音も格段にいい感じになりますしね。