後ろ向き太郎の後ろ向き日記

DIY、エアガン、武器が好きです。

東京マルイ M4 MWS・MTR16へのORGA FRAノズルの組み込み手順

東京マルイ ガスブローバックマシンガン M4A1 MWS・MTR16・CQB-R Block1、MK18Mod1に対応する、ORGA FRAノズルの組み込み方を紹介します。

ORGA FRAノズルは単なる強化ローディングノズルでなく、六角レンチでガス流量を調整することができ、初速アップ・ダウン両方の初速調整に使用できるノズルです。

私の場合はMTR16に組み込みましたが、東京マルイのM4系ガスブローバックは同様の手順で組み込みできます。

まず、取扱説明書の通り、テイクダウンします。

アッパーレシーバーとロアレシーバーを押さえつけながら、ピンを押し出し、右側にピンが出てきたら引っ張ります。

勢いよく開かないように注意しながら、アッパーレシーバーを開きます。

チャージングハンドルとボルトキャリアを一緒に引き出します。

ボルトキャリアが取り外せました。

ボルトキャリアからボルトを取り外します。

まず、ボルトキャリアキーの2本のネジを外します。

ボルトキャリアキーを斜めに持ち上げ、スプリングを取り外します。

外すときにこのスプリングがボルトキャリキーにどのようにかかっているか覚えておいてください。

スプリングを外し、ボルトキャリアキーを前にずらすとボルトキャリアキーが取り外せます。

ファイヤリングピンストッパーを上に引っ張って外します。

これでノズルが取り出せるようになります。

ノズルを取り出して、ファイヤリングピンとボルトキャリア内部の間にあるOリングを確認します。

ボルトキャリア内部にくっついている場合は、外して保管しておきます。

このOリングはORGA FRAノズルにも付いているので、このようにボルトキャリア内にOリングがくっついているままFRAノズルを組み込んでしまうとOリングが2個重なってしまいます。

純正ノズルと、ORGA FRAノズルの比較です。上がORGA FRAノズル、下が純正ノズルです。

特にバリなどは見当たらず、純正と比べてもしっかりできています。
ノズル内にはシリコンスプレーを塗って、ピストンカップにはグリスを塗って組み込みます。
ボルトキャリアにノズルを挿入します。

ファイヤリングピンが出てくるので、ドライバーなどをファイヤリングピンの穴に入れて引っ張りながら、ファイヤリングピンストッパーを挿入します。

ボルトキャリアキーをスライドして取り付け、スプリングを入れてからボルトキャリアキーのネジを2本取り付けます。

ボルトキャリアを組み込んで完成です。

さて、ORGA FRAノズルの組み込みでどれくらい初速が変化するのか、計測してみます。

私は初速アップを目的に購入しました。

私のMTR16は、箱出しで0.2gBB弾使用、室温29℃で約77m/sでした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/ushirotaro/20220721/20220721155527.jpg

まず、FRAノズル組み込み時にPOWERを+のほう、初速寄りに振って組み込んでみました。

マガジン温度は28℃で計測します。

約87m/sです。ちょうどいい感じですね!28℃で測定しているので、あまり高すぎると屋外で使用時や高温時に初速オーバーの可能性があります。

法定初速は20℃~35℃なので、35℃でも測定しておきます。

35℃に加熱すると約94m/sとなりました。けっこうギリギリ感はありますね。

あまりギリギリは嫌なので、もう少し初速を下げておくことにします。

ORGA FRAノズルはボルトキャリアだけ取り外せば初速が調整可能なのが助かります。フィールドのレギュレーションや、季節によって変わる初速を簡単に調整できます。

ガス流量の調整は、このようにノズル先端から六角レンチを入れて行います。

この写真ではPOWERが+側に最大まで振られています。

少し-側に振りました。0.5mmくらいですかね?

初速を少し下げました。

まず28℃で計測してみます。

マガジン温度28℃では、初速77m/sです。

マガジンを加熱した状態でも計測しておきます。

マガジンを35℃付近まで加熱しても、約84m/sとなりました。

このように、通常分解の範囲内で簡単に調整が可能となりました。

最近は暑い日も続きますので、屋外での使用も考え低めの初速にセットしました。

初速をプラス方向に振っているときも、マイナス方向に振っているときも射撃はセミフルともに快調で、ボルトストップも当然しっかりかかっていました。

最終的には低めの初速にセットしましたが、もともと箱出しで77m/sだったMTR16が、35℃の状態とはいえこのFRAノズルだけで94m/s出せるようになりました。

ポン付けでこれだけの初速アップができ、かつ初速を下げることもできるというのはかなり使い勝手のいいカスタムパーツと言えます。