後ろ向き太郎の後ろ向き日記

ほしいものリスト作ってみました。https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1YO6Z5POOS44Y

快活クラブの鍵付き完全個室を利用してみた

快活クラブ、好きなんですよね。だってソフトクリームが食べられるじゃないですか。しかも巻き放題。

以前から鍵付き完全個室の存在が気になっており、出かける機会があったので利用してみました。

快活CLUB|快活CLUBのプライベート空間

快活クラブは相当利用していなかったのでシステムがわからなかったのですが、入会金324円に少し驚いてしまいました。が、今は入会金無料とのことで助かりました。コロナウィルスの影響で客足が遠のくのを懸念してのキャンペーンですかね?

しかも鍵付き完全個室の料金も普通のブースと同じ料金のキャンペーン中でした。これはお得です。

受付をすますとカードキーを渡されました。

f:id:ushirotaro:20200519081517j:plain

鍵付防音個室は一帯が別のエリアになっており、鍵付き完全個室エリアに入るのにもカードキーが必要です。

f:id:ushirotaro:20200519081537j:plain

写真左側の白い部分にカードキーをタッチすると自動ドアが開きます。

鍵付き個室エリア全体はこんな感じです。正直普通のネットカフェのブースに毛が生えた程度をイメージしていたので、しっかりした作りで驚きました。

f:id:ushirotaro:20200519081619j:plain

ドアもカードキー方式で、オートロックになっています。カードキーのとじ込みに気をつけないといけませんね。

f:id:ushirotaro:20200519081731j:plain

こちらはフラットのルームですが、床のマットはいつものネットカフェのアレですが広いですね!各ルームに内線電話も備え付けられています。

f:id:ushirotaro:20200519081813j:plain

写真では狭く見えてしまうかもしれませんが、普通のネットカフェのペアシートの1.7倍くらいはあるんじゃないかと思います。小柄な人なら3人でも寝転がれるのでは?と感じました。普通のネットカフェのペアシートは2人でもわりと密着する感じになりますよね。

f:id:ushirotaro:20200519082215j:plain

足元だけなのでわかりづらいですが、2人でけっこう広々と利用できました。

この写真は座って撮ってるので足元に余裕がなく見えますが、身長180cmの人が行っても足元に余裕を持って寝られると思います。

広さ、部屋の構造ともに部屋の印象はダブルベットが1台だけ部屋に入っているビジネスホテルという印象でした。これは確かに今までのネットカフェとは全く違います。

2人で利用しているので、会話に気をつかわなくていいのがなによりでしたね。

 

今回感じた鍵付完全個室のメリットとしては、

・完全に密室であること

やはりブースタイプの壁が抜けているのとは大違いですね!部屋になっているので安心感が違いますし、会話も自由にでき、テレビも音が出せます。

漫画にしても映画にしても没頭しているときにまわりに人の気配があると結構気になるんですよね。完全に一人だと感じられるのは大切ですね。(今回は2人ですが)

セキュリティも並のビジネスホテルよりよほどしっかりしてるので女性も安心して利用できるのではないでしょうか。

・清潔であること

快活クラブのポリシーと、最近のコロナウィルスの影響もあってか、清掃は念入りにされていると感じました。ブース全体が清潔感があり、快適に利用できました。

・広いこと

今回利用した店舗と他の店舗とで違うかもしれませんが、通常のブースタイプより広いですね!天井も割と高かったのでそのあたりも広さとして感じたかもしれません。

 

また、デメリットとしては以下のように感じました。

・空調をあまりコントロールできない

本来は写真のようにエアコンの風量調整があり、この風量を増やしたり減らしたりして調整できるはずなんですが、開けても閉めてもあまり変化ありませんでした。

私は薄着だったので寒くて寒くて…

今写真を見返したら温度調整はフロントに申し付けくださいとあるので電話してみればよかった…

f:id:ushirotaro:20200519083201j:plain

室内にブランケットも用意してあったのでこれをかぶっていました。

f:id:ushirotaro:20200519082502j:plain

・室内で飲食ができない

これは法令上の問題だと思いますが、鍵付防音個室内での飲食は禁止とのことです。

鍵付き個室エリアの外に飲食スペースがあり、そこでドリンクバーの飲み物や注文した料理を食べるシステムになっています。

しかし、まあ鍵付き個室は満室に近いようでしたが飲食スペースには誰もいませんでした…みなさん何も飲み食いしないということもないでしょうから…

持ち込んだ飲食物は個室で食べていいとのことですので、汚さないでね!という意味でもないのでこのへんは暗黙の了解的なものじゃないのかなあ、と私は思っています。

f:id:ushirotaro:20200519083445j:plain

・少しは音が漏れる

私としては全く問題ありませんでしたが、やはり隣同士の音が多少は漏れます。

テレビ、映画などを常識的な音量でつけるぶんにはまったく問題ないと思いますが、お隣さんが電話をかけていたときはけっこう聞こえました。

電話で話すときって意外と大きい声が出ちゃうんですよね。

快活クラブとしてはテレワークにも!と謳っていますが、おそらくリモート会議なんてやったら少々にぎやかすぎて注意が入るんじゃないかと思います。

・漫画が置いてあるところが遠い

これは店舗の構造上しょうがないですけどね。

私が行った店舗は漫画は店内の1箇所にしか置いてないので、鍵付き個室エリアまでけっこう距離があり少しめんどうでした。1F、2F両方に漫画が置いてある構造の店舗のほうがわりといいのかな、とも思いました。

まとまって置いてあったほうが探しやすいってのはあるんですけどね…難しいですね。

と、いうような感じで総合して非常に満足な時間が過ごせました。

快活クラブは漫画の品揃えもいいですね!新刊もしっかり入っていましたし。

気づいていなかった漫画の新刊もいろいろ出てたり、部屋も非常にくつろげたため思ったよりあっという間に時間が経ってしまいました。

あと、最近の快活クラブは自動会計なんですね!精算機に使用したカードキーを精算機に入れてやって自動精算ができました。ネットカフェを利用する際はあまり会話したくないときもあるでしょうから、こういうところも便利な点ですね。

今回は2人で行きましたが、まだ面白そうな漫画があったのでそのうち1人でも行ってみるかな、と思いました。

 

あと、全然関係ないんですがネットカフェで思い出したのが、漂流ネットカフェは押見修造さんの作品のなかでもかなり好きです。遠野果穂がかわいいんですよね…

押見氏はコラムでよく女性に対しての意識や想いを書いてみえますが、いろんな視点で氏の思う理想の女性像を描いているんだな、というのが伝わってきます。

漂流ネットカフェ : 1 (アクションコミックス)

漂流ネットカフェ : 1 (アクションコミックス)

  • 作者:押見修造
  • 発売日: 2012/09/07
  • メディア: Kindle版
 

血の轍の最新刊があったので読もうと思ったんですが時間がなくなっちゃったんですよね~。やっぱりまた行くか…もしくは買うか。